×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャッシング情報各社比較キャッシングの注意点

返すときのことを考えて

おかねを借りる理由は、人それぞれだと思います。あなたの理由はなんですか?

欲しいものがある人や、旅行に行きたい人、生活費がちょっと足りなくなった人、交通違反の反則金を払うためにしょうがなくという人など、いろんな方がいるでしょう。

どんな理由であれ、キャッシングであれば(審査さえ通れば)お金を借りることができます。

どんな理由でお金を借りるとしても、お金を手にすると気分がいいです。みんながみんな、というわけではないかもしれませんが、買い物や旅行に使うという人は、とくに、いい気分になれると思います。本当は借金が増えているだけなのに、目の前の現金が増えるので、いい気分になってしまいます。

そういういい気分がクセになる人もいます。消費者金融のATMからお金を引き出すのを、まるで、銀行の自分の口座から下ろしたお金のごとく、じゃんじゃん使ってしまうとか。でも、あらかじめ「これは自分のお金じゃない。借金なんだからあとで返さないといけない」ってわかっていれば、別にじゃんじゃん浪費することってないんですよね。

キャッシングというのは気軽に利用できる反面、何度も利用していると借金しているという感覚が希薄になりがち。中には必要以上にキャッシングを繰り返してしまう人がいます。キャッシングしたら、その分返済しなくてはいけないことを忘れてはいけません。

それから、毎回毎回きちんと返済していると、利用限度額が増えます。頼んでないのに勝手に限度額が増えることもあると思います。そういうときにも、自分の返済能力を考えて、利用してください。

必要になったときだけちょっと借りて、あとはさっさと返す。これがキャッシングの正しい利用法です。

そうしないと、多額債務者、多重債務者へと知らない間に進んでいるかもしれません。

闇金融、悪徳業者に注意

キャッシングを利用していて注意しないといけないのは、やみ金融、悪徳業者です。多重債務で返済が滞っているときなど、返済能力のない人に甘い言葉で借り入れをさせたりする業者などは要注意!!

また、街中のチラシや新聞広告などだけを見て簡単にあやしげな業者に申し込んでしまうのも危険。 中には悪徳業者もいるため、チラシ広告に多い090金融(電話番号が携帯のみ)など怪しげな業者には絶対に手を出さないようにしましょう。

利息制限法、出資法の法定利息を超えた利率での貸付や、甘すぎる審査は悪徳業者である可能性が高いので注意しましょう。 仲介業者を装って、法外な手数料を請求するなど悪質な手口は多種多様です。

まずは会社や商品の情報がはっきりしているか確かめましょう。 金融業をする際には、各都道府県か財務局に登録が必要です。「東京都(○)XXXXXXX号」もしくは「関東財務局長(○)XXXXXX号」などの貸金業登録番号が広告やホームページなどに掲載されていない業者は違法業者の可能性が高いです。

他にも、貸金業協会や日本消費者金融協会(JCFA)等の任意団体に登録しているかなど、ヤミ金であるか判断できる情報は多くあります。

会社、商品、取引、契約の内容をきちんと確認して、契約には細心の注意を払いましょう。

copyright©キャッシング情報各社比較 All Rights Reserverd.