×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャッシング情報各社比較 キャッシング業者を選ぶポイント

金利

利息制限法では金利の上限は、

  • 元本が100,000円未満の場合 年2割(20%)
  • 元本が100,000円以上1,000,000円未満の場合 年1割8分(18%)
  • 元本が1,000,000円以上の場合 年1割5分(15%)
  • 一般的な消費者金融の金利は、上限に近いところに設定されていますが、 これより低い金利で貸し出す会社も増えてきています。

    借入額が多いほど、金利が低くなる傾向があります。 たとえば、オリックス・クレジットの「VIPローンカード」では、300万円〜200万円のコースで年利8.0〜12.6%、50万円コースでは15.6〜17.6%となっています。

    利便性

  • 即日キャッシング
  • 即日キャッシングとは、すぐにお金が必要、急な出費があるなど急にお金が必要なとき便利なサービスです。

    インターネットで申し込みをした場合は、その日に銀行口座に振込みが行われます。 インターネットだから24時間審査可能で中には土日など休日でも対応してくれるキャッシングもあります。 来店が必要な場合は必要なものを持ち店舗へ。その場で融資が行われます。

    即日審査・即日融資は便利ですが、だからこそ、借りすぎには注意して計画して融資を受けるようにしましょう。

  • 土日祝日融資
  • 通常、銀行などの金融機関は日曜日は営業していないため、銀行振込みの場合土日に融資の申込みをすると、翌営業日の平日まで入金を待たねばなりません。

    しかし、インターネットでお申込み後、専用ATM、コンビニエンスストアATM、自動契約機などでカード発行することで、土日祝日でもキャッシング可能です。

    注意する点は入金先を「銀行口座としない」ことです。「最寄の無人契約機」などを指定することにより 土日でも即日融資が可能となります。

  • ATM設置台数
  • 借り入れ、返済できるATMが身近にあるか、全国的に展開していて外出中に急に必要になったときに対応できるか、もポイントです。

    大手消費者金融ほどより多くのATMを設置しています。 また、自社のATMだけでなく、提携金融機関、コンビニなども利用できるかどうか調べておきましょう。

    たとえば、プロミスでは三井住友銀行、セブン銀行、三菱東京UFJ銀行、 りそな銀行、埼玉りそな銀行、中央三井信託銀行などの金融機関と提携しています。

    審査期間

    キャッシング業界では、最短10分などの、短い審査を売りにしたところが増えています。 また、インターネットを使って、24時間審査を受け付けているところもあります。 ネットキャッシング限定で、低金利などの特典がつく会社もあります。

    copyright©キャッシング情報各社比較 All Rights Reserverd.